業者ごとの専門分野を見極めるポイントと翻訳会社へ依頼する方法

メガネをかけた男性

技術翻訳会社の選び方とは

自動車や航空機製造、IT系や土木系といった企業が翻訳会社に仕事を依頼する場合、選び方の基準としていくつかのポイントが挙げられます。翻訳会社といってビジネス文章の翻訳が得意な業者があれば、前述したような専門分野に特化している翻訳会社もあるため、最適な業者選びが必要となります。そのため、翻訳会社はどれも同じという考えは捨てて、正しい業者選びができるようにしたいところです。
最低限必要なポイントとしては、高品質な翻訳を提供してくれることが挙げられます。そのためには業者がどのような翻訳を行ってきたのかを実績から判断することが大切で、また初めて依頼する企業に対して親身になった対応ができるのかも重要になるでしょう。問い合わせ時にはスピーディーな対応ができるか、また様々な質問などにもしっかりと回答できるのかと言う点も判断基準として使えるでしょう。
とりわけ技術翻訳については専門的な知識が要求されることから、とにかく実績の比重が置かれる傾向になります。どの依頼しようとしている業者がどの分野に精通しているのかをしっかりと把握し、その上で高品質な翻訳を行ってくれるのかを実績などから判断しながら、最終的に見積もりから依頼まで行うといいでしょう。

事前に調べておくようにしましょう

すぐに翻訳会社を利用する機会が無くてもどこに依頼をした方が良いのかなどは調べておく事が大切になります。これはどんな仕事をしている人でも行っておいた方が良い行動になります。近年は外国の企業と取引をする会社が増えている傾向があります。まだできたばかりの会社の場合は、海外の企業と取引をする必要がないので、関係の無い話と思ってしまいます。
しかし事業が軌道にのって来ると、海外の会社と取引をしないといけない場合も出てきます。この際に慌てて調べてしまうと満足できるサービスを提供していない翻訳会社に依頼をしてしまう事になります。これは絶対に避けた方が良い部分だと言えます。翻訳会社でもしっかりと比べてみるとサービスが異なっています。どんなサービスを求めているのかはその時に変わってきますし人によって感じ方も異なります。調べておく事によって急な場合でもすぐに行動をする事ができます。
あまり早く調べてしまうと新しくできた翻訳会社の事を知る事ができないと考えますが、初めて依頼をする場合は実績を重視するケースが多いです。そのため新しくできた翻訳会社への依頼は避ける傾向があります。事前に調べておいて損をする事は無いでしょう。

翻訳会社を原稿ベース料金で選ぶ

翻訳会社に仕事を依頼する場合、多くの企業は安い予算で翻訳を行ってくれる業者を探すでしょう。一般的に翻訳会社の料金体系は文字数をベースにして算出されていますが、一部では原稿ベースでの料金体系を実現している場合もあります。文字数から料金体系を算出する業者であれば、現行の文字量に応じて料金が変動しますが、原稿ベースだと料金がハッキリと見えてくることからおすすめです。
原稿ベースだと発注前から予算イメージを付けやすいため、あとは納品スケジュールや修正対応などの部分を意識するだけとなります。また翻訳対象となる原稿に図や表が挿入されていると、空白スペースが多くなってしまい、結果的に文字数ベースの料金体系の方が安く済むことがあるでしょう。しかし全体を見れば、発注時と変わらない料金を支払うだけで済むため、後に損をする可能性は高くないのも特徴となっています。
文字数ベースの料金体系を整えている翻訳会社が圧倒的な中、原稿ベースの料金体系を採用している翻訳会社は稀と言えるでしょう。両者の間では仕事の質は大きく変わるわけではないため、条件などに納得できるようであれば積極的に利用してみる価値はあります。もちろん対象となる原稿に多くの文字が含まれているのであれば、なおさら原稿ベース料金の翻訳会社を選ぶ方がお得になります。

ニュース一覧

電話する女性

翻訳会社の所在地をチェックしよう

国際展開を行う企業にとって、翻訳会社の協力は必要不可欠と言えるでしょう。海外企業とのやり取りにおいて内部に翻訳機関があれば利用すること…

スーツの男性

リアクションが早い翻訳会社の特徴

翻訳会社といっても大小様々な規模の業者が存在しており、その中から安心して仕事を依頼できるのはどこかというのを探すのは困難です。そこで少…

サムズアップ

魅力溢れる翻訳は仕上がり単価がお勧め

誰しもがあらゆるシーンで数多くの書面を目にする機会があります。日常生活では生活に役立つ料理本や週刊誌、ショッピング時には商品の…

会議

翻訳会社は対応分野が幅広いものを選ぶ

もしみなさんが翻訳会社に翻訳を依頼したいと思ったときに気を付けなければならないことはその翻訳会社の対応分野はどれほどなのかということで…